思い出の猫たち その2

おばんです






昨日に引き続き、「思い出の猫たち」第2弾です。

といっても、猫一匹、犬一匹ですが・・・

今回もプリントした写真を撮影したので、ブレブレ写真です 

昨日の3匹は、皆さんに見ていただいて、きっと空の上で喜んでいると思います
 





【名前・・・おかあさん】



写真を見てもわかるように、芯の通ったしっかり者の猫でした。

野良猫を長くやっていたようで、人になつかず、うちには毎日ご飯をもらいにやってきました。





母猫1縮小






エサをあげるということは、半・飼い猫のようなもの。

そろそろ避妊手術をしなきゃ、と考えていたものの、

体が小さい猫だったので妊娠していることに気付きませんでした。





                  




ある日のこと。

しばらく姿を見せなかったこの猫が、なんと一匹の仔猫をくわえて

1メートルほどの高さのある柵をぴょんと乗り越え、ベランダへ。

子猫を産んだことを知らなかった私は、びっくり仰天  

そりゃもう、頭がまっしろになりましたよ。




     母猫3縮小



          母猫4縮小





さらに驚いたことに、また一匹くわえてきてはベランダに置き、

また少しすると一匹くわえてきてはベランダに置き・・・

あの時のことは、今でもはっきり覚えています。

あっけにとられながら「 何匹連れてくるのよ〜〜  」と叫んだことも鮮明に。




     母猫5縮小



          母猫6縮小





結局、5匹の仔猫が我が家にやってきました 

写真はうちに来たばかりの頃。

目もしっかり開いていたので、母猫は一カ月半くらいの間、

どこかでひっそりと仔猫を育て、守ってきたのでしょう。

5匹の仔猫は動物病院で里親さんを見つけてもらい、しあわせになることができました 



その時から、母猫は「おかあさん」という名前になりました (^_^)





     母猫2縮小集合




おかあさんにはその後、避妊手術を施しましたが、

うちにはご飯を食べにくるだけで、相変わらず野良猫として強く生きていました






おかあさんの最後の日。


いつもと同じように朝、エサを食べにきました。

そして夕方、集合住宅の我が家の玄関の前に横たわり、冷たくなっていました。

体に傷もなく、吐いたようなあともなく。

おそらく心臓発作での急死だと思われますが、本当に安らかな、眠ったままの顔でした。




きっと、子供たちがしあわせになったことを見届けて、

安心して天国に旅立ったのでしょう。

今まで撫でることもできなかったけど、私はその日、おかあさんを何度もなでて、

冷たくなったおかあさんに「お疲れさま」と声をかけました。





おかあさんは、デカと同じ動物霊園に眠っています。








【名前・・・レオ】



レオは妹が中学生の時、神社に捨てられていたところ、自転車のカゴに入れて連れ帰った犬です 

妹は子犬を見たもののすぐに拾わず、一度家に帰ってからもう一度、見に行ったとか。

その時、子犬は鳥居の下で寝ていたそうです。




          レオちゃん 




レオは16年生きましたが、

妹が高校、大学に進み、就職し、結婚してからもずっと妹と一緒に暮らしました。

大学の2年間、地方に住まなければならなかったときも、

レオを一緒に連れて行ったほどでしたから。





レオが死んでからずいぶん経ちます。

妹はその後も何匹かの犬と暮らし、現在は2匹のトイプードルを飼っていますが、

中学時代から片時も離れなかったレオの存在は特別だったようです。





もちろん、レオのクローンも作りましたよ 〜 



クローンレオ縮小





きっと一針一針、
 こころを込めて作ったんだろうな〜 (*^_^*)








長い記事を読んでくださって、どうもありがとうございました。
他にも思い出深い猫たちがいますが、今回のシリーズはこれで終了です。

犬や猫とずっと一緒に暮らしたいとどんなに願っても、命には限りがあります。
悲しく、つらいけれど、いつかは別れがやってきます。
だからこそ、動物たちと向き合って一日一日絆を深めていきたい。
「今日」という日は、飼い主と動物たちにとって、大切な宝物なのですから。




にほんブログ村のランキングに参加中です。
ふんばるおばんに、ぽちっと応援願います!

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

スポンサーサイト

Comment

私も、子猫を連れた母猫ちゃんに「ママちゃん」という名前をつけて面倒をみていたことがあります。
おかあさんの記事を読んでママちゃんのことを思い出しました。
おかあさん……お利口そうないい顔をしていますね。
子猫ちゃんの写真とってもかわいい。
でもそこであわてふためくおばんですさんの姿を想像するとクスッときます。
みんな幸せになれてよかったです。
おかあさんの最期も、それはそれで幸せなような気がしますね。
おかあさん自身にきいてみないとわからないことだけれど…。


今度はワンちゃんのクローンですね❤
ぴょんさんのクローンを見て私も作ってみたいと思ったのに、いまだ手つかずです。
こういうの見るとやっぱり挑戦したくなっちゃう!
涙をぬぐいながら、鼻水をたらしながら・・・のコメントです

「おかあさん」も懐くそぶりは見せないけれど
おばんさんに一番の信頼を置いていたんでしょうね
最後の最後に抱っこして撫でて・・・
本当はふれあいを求めてたんでしょうか

ウチのトシオ(茶トラ♂)も抱っこが出来ません
撫でたらゴロゴロいいますが、ヘタクソです
長く撫でてると急に我にかえった様に後ずさります
「おかあさん」のように、最後の最後にしか
抱っこはムリだな・・・ってあきらめてます

妹さんとレオくんのように、ぴったり寄り添う関係
おばんさんと「おかあさん」のように惹かれあい
通じ合うだけの関係
いろいろあってみんないい(聞いたようなフレーズ?)
ですね

レオクローンくん、そっくり^^b





  • 2012/07/07 16:09
  • ガマッチョG
  • URL
うちはその「おかあさん」に咥えられて来た3匹の
中の1匹がエリーです。

もう19年以上前の話しですけどね。
うちのおかあさんは、さび猫でした^^

ついつい、うちの事も思い出しました。
昔の写真があるって、やっぱりいいな~

クローン必ず登場しますね(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/07/07 17:16
2日間、感動して読ませていただきました。
生き物に対する愛情がひしひしと伝わり、おばんさんのご家族も
優しい方達なんだろうな・・・ということが分かります。

どんなに犬や猫を飼いたくても親に一蹴され、
ハツカネズミや金魚くらいしか飼育したことがなかった私には、
おばんさんやご家族の優しさ、そして貴重な経験がとても羨ましい!

みんな、感謝して幸せに天国で暮らしていることでしょう・・・
レオくんのクローンちゃん、そっくり!
妹さんのお気持ちが籠められているんでしょうね~☆

おかあさん、自由に生きていたけど、気持ちはおばんですさんのお家にあったんですね~
最後の日には玄関の前にって・・・・泣けてしまいます。
昨日のデカちゃんの底抜けに明るい笑顔(に見えました 笑)もそうだけど、
おばんですさんは、素敵なめぐり合いをいくつもされたんですね♪

昨年の写真と比べると、今年のジョーは確実に年をとっています。
そんなに生き急がないで!と言いたいけど・・・・
こればかりは仕方が無いですね。
一日一日を大切にしなくちゃ、と思っています。

涙が、はらはらと流れて止まりません。
みんな強く気高く生きているんですね。
とても立派な生き様です。

私も、もっと頑張ってから死にたいな。
生きるとはどういうことなのか、教えてもらった気がします。
  • 2012/07/07 18:09
  • NYANKO君
  • URL
  • Edit
お年頃の私は、近頃とても涙もろく、
特に「おかあさん」のお話にはもう・・・涙涙。
おばんさんを最後まで信頼していたんですね。

おばんさんに出会えた猫たちは、大切にされて、
今でも愛されて・・・みんな幸せです。

出会いがあれば別れがあるのは、仕方がない事だけれど・・・
今までにお別れした動物たちを思い出すと切ないです。
猫たちとの時間、もっと大切にしたいと思いました。
  • 2012/07/07 18:53
  • たまま
  • URL
  • Edit
ああ、もうダメです。号泣です(ToT)

最後まで野良の誇りを貫いた「おかあさん」が、
おばんですさんのところに子猫をつれてくるなんて、絆の強さを感じます。
素敵な猫さんだったんですね。
そして、レオ君と妹さんの絆もすごく深くて、
クローンを作ってるときの妹さんの一針一針の想いとか、想像するだけで涙です。
私もいつか遠い未来(であることを願う)にクローン作りそう・・・。
おかあさん立派な猫ですねぇ。
最後の下りは泣けてきちゃいました(T_T)

生き物を飼うと言うことって
色んな命と触れ合うことで、
いきる意味を考えるって事なのかも
なんて思ったりしましたよ。
  • 2012/07/07 19:19
  • なをさん
  • URL
おかあさん、1匹ずつ運んだんですねぇ。
おばん様の家なら、と覚悟を決めて運んだ
のでしょう。
読んでいるわたしも
「本当に、本当にお疲れ様でした、
生きてくれてありがとう」と言いたいような
気持ちで読みました。
おばん様のお人柄が、またちょっとわかった
ような記事でした。

妹さんのクローン、こちらも素晴らしいです!
本当にお上手ですねぇ。
それと、チビちゃんたち、粒ぞろいの美形ちゃん
ですね!おかあさんが美人だからかな。
♪ ミント さんへ

ミントさん、あわてふためきましたよ(^_^)

例の「ねずみ事件」と並ぶ、人生最大の「びっくり事件」でした・・
おかあさん・・メス野良猫の代表みたいな野性的な顔でしょう。
強く生きてきたんだなぁ、と写真を見て改めて思いました。
フェルト人形、妹は独学だって。私は不器用だから、作ろうとも思わない(-_-)
  • 2012/07/07 23:43
  • おばんです
  • URL
♪ ガマッチョG  さんへ

ガマッチョG さん、抱っこ苦手なトシオくん・・

飼い猫でもそういうにゃんこいますよね。
最後の最後には重いっきりなでなでして、送りださなきゃね♪
いろいろなブログを見ていると、いろいろあってみんないい・・そう思います。
同じ猫でも一匹一匹違うから、どの猫もかわいくてたまりませんね〜〜(^_^)
  • 2012/07/07 23:52
  • おばんです
  • URL
野良猫の母、おかあさん。
気高く生き、安心できる場所が
おばんさんの所だったんですね。
仔猫を運んでくるなんて!
なんだかとってもあったかい気持ちになりました。
おかあさんは。。。幸せだったと思います。

レオさんも。。。妹さんにそんなに愛されて。。。
別れの事を考えると怖くて怖くて。
別れを思い出すと悲しくて。。。
だから一緒にいれる時間を大切にしなきゃって思いました。
  • 2012/07/07 23:55
  • ひな
  • URL
♪ もねのかぎしっぽ さんへ

もねのかぎしっぽさん、エリーちゃんのおかあさんはサビ猫♡

エリーちゃんもおかあさんにくわえられてやってきたんですね♪
よくもまぁ、19歳まで育ってくれました!!!!
もねのかぎしっぽさんも、いろいろな猫の思い出があるのでしょうね。
今度、ブログで猫ちゃんたちの思い出話、聞かせてくださいな(*^_^*)


  • 2012/07/08 00:00
  • おばんです
  • URL
♪ maringo  さんへ

maringo さん、姉妹そろって犬猫大好きです(*^_^*)

人間には優しくないけど、犬猫には優しいかもしれないなぁ・・むふふ。
目の前に現れた猫をどうするか、で必死だっただけなんですよ。
maringo さんも猫とインコを飼っていて、
ブログからも生き物への愛情たっぷりなことがびしびし伝わってきます(^o^)

  • 2012/07/08 00:12
  • おばんです
  • URL
♪ そばかすクルル さんへ

そばかすクルルさん、ジョーさんもうちの猫も10歳ですからね・・

やっぱり少しずつ年をとっているなぁと思いますよね。
これからはもっと一日一日が大切になってくるんでしょうね。
デカ、臭くて汚い猫だったけど、愛嬌のある笑顔がいいでしょう。
一匹一匹にいろいろな思い出があって、なんだか楽しかったですよ♪
  • 2012/07/08 00:24
  • おばんです
  • URL
♪ NYANKO君 さんへ

NYANKO君さん、野良猫は強し、ですね。

私も久しぶりにおかあさんの写真を見て、
こんなに崇高な、力強い顔をしていたんだなと改めて感じました。
おかあさんには、うちの猫たちにはない強さ、気高さがありました。
私も毎日ダラダラと過ごしていますが、ちょっとは気合い入れないと・・(-_-)
  • 2012/07/08 00:28
  • おばんです
  • URL
♪ たまま さんへ

たままさん、おかあさんは「あっぱれ」な猫でした。

今考えると、いろいろな出会いがあったなと思います。
別れるときのとを考えると、本当に悲しいですよね。
だけどたままさんもたくさんの出会いや別れを経験したから、
いま一緒にする猫ちゃんたちとの時間を大切にしようと思えるんでしょうね(^_^)
  • 2012/07/08 00:34
  • おばんです
  • URL
♪ nikolala  さんへ

母は強し、nikolalaさんも強し、ですよ♪

おかあさんは本当に強く、優しく、子供を守り抜きました。
母の愛は強いなーとおかあさんを見て思いましたよ。
nikolala さんも本当にすてきなおかあさんです♪
私、ブログを拝見して、いつもいい親子だなと思っているんですよ(^_^)
  • 2012/07/08 00:41
  • おばんです
  • URL
♪ なをさんへ

なをさん、おかあさん立派でしたよ。

私は何も考えず、のほほんと生きているのですが、
今回、久しぶりに猫たちのことを思い出して、
いろいろと教えられたような気がします。
だからといって、だらだら、のほほんは、なかなか変えられません(^^;)


  • 2012/07/08 00:50
  • おばんです
  • URL
♪ ahoo さんへ

ahooさん、おかあさんの覚悟はすごいよね。

こうして紹介するといい記事に見えちゃうけど、
本当は猫に優しいとかじゃなくて、
いつも目の前の猫をどうするかと考えることに必死だったの。
心に余裕をもって猫とつきあえるようになったのは、最近ですよ。
それまでな〜んにも考えず、バタバタと飼ってきた・・そんな感じ(^^;)

  • 2012/07/08 01:06
  • おばんです
  • URL
♪ ひな さんへ

ひなさん、そりゃあもう目玉が飛び出るほどびっくりでした。

あのときはまだ私も若かったから、仔猫をどうしようと
そんなことばかり考えてました(^^;)
今ならもっとおかあさんや仔猫にもゆったりと向き合って、
余裕をもっていろいろ考えられたのに・・残念です。
お互いに、一緒にいられる時間を大切にしましょうね(^_^)
  • 2012/07/08 01:12
  • おばんです
  • URL
わかりました。ぴょんさんの(クローンも)
妹さんのレオ君への想い・・・
その想いが強い・・・
その強さがクローンを生み出すのですね。
きっと一生ですね・・・
シスタークローン・・・

お母さん・・・それは偉大な母でした。
仔猫を加えて、猫は安全な場所へ移動します。
安全と判断したら、苦労もなんのその!
おばん様のお宅を安全と判断し、
わが子を託しました。
母は偉大!正しい選択でした。
自分は死期が近い・・・でも子供を守る。
すばらしい母猫・・・
おかあさん、ありがとう。
複雑・・・
おはようございます

おばんですさんは、たくさんの猫ちゃんわんちゃんと想い出を作ってきたのですね
確かに顔をそむけたくなるような白い猫ちゃんもいたけど、
その後は傷も治って幸せに暮らせたようなので良かったです

長い間、野良をやっていると家猫にはなれないんですかね
ご飯は食べに来ても、またどこかに行ってしまう・・・
5匹の子猫には驚きましたが、ちゃんと母親やていたんですね
で、静かに息を引き取ったってちょっと泣けてくる話しです
命あるものは、全て天国に行く運命なので(人間もね)
分れは、悲しいですね・・・
だからこそ、今を大事にしたいです^^
おかあさーん・・もうだくだくですよ(涙)
力強いいい目してますよねえ。

こういう形で振り返るのっていいなあ、とおもいました。
もちろん動物の命には限りがあって・・
でもそれはにゃんこわんこのことだけじゃなくて、
自分もなんですよねえ。
いや~もう、泣いちゃいました。
お母さんは同じ母であるおばんですさんに
自分の子供を任せたんですね。

三つ子の魂百まで。
野良で育って人に触れられるはできなくても、
心の中ではおばんですさんと触れ合ってたんですね。

安らかな顔で天国に行けて本当に良かった。
こんにちは。
おかあさんの子猫たちの つぶらな瞳が目にやきつきます。
ほんとに里親さんが見つかって良かったねぇ~
おかあさんも安心して天国へ旅立ったことでしょう(=^・^=)
レオちゃんのクローン人形!!そっくり!!
妹さんの思いが伝わってきました❤
人には動物たちとの忘れられない家族や思い出がありますね!
私も飼っていた猫や犬の事を これからも
大切な宝物として思い出にしたいですね!
♪ Sabimama さんへ

Sabimamaさん、本当に偉大な母でした。

動物の本能で安全な場所を選んだのでしょうね。
本当に母の愛の強さを感じました。
こんな私を頼ってくれたんだから何とかしなくちゃ、と思って、
仔猫たちの里親さがし。み〜んな、とてもかわいがられていたんですよ(^_^)v
  • 2012/07/08 19:10
  • おばんです
  • URL
♪ aika  さんへ

aikaさん、本当はもっといっぱいいたんですよ。

最近、野良猫と関わっていませんが、
野良ちゃんはみんな強く、たくましく、優しかったですね。
それに比べてうちの猫ときたら・・。元野良猫なんですが、
今は緊張感もなく・・・しっかりせいよ、と尻をたたきたくなります(^^;)
  • 2012/07/08 19:14
  • おばんです
  • URL
♪ tomo  さんへ

tomoさん、人にも動物にも物語があるんですね。

私もいろいろな猫のことを最近、あまり思い出さなかったんですが、
今回はいろいろと振り返るいい機会になりました。
私は振り返っても何も物語はありませんが、
亡くなった人はもちろん、動物は時々思い出してあげたいですね♪
  • 2012/07/08 19:19
  • おばんです
  • URL
♪ 和み人  さんへ

和み人さん、心の中で・・うれしいです。

触れなくても心の中で私と触れあっていた・・・
うれしい言葉、ありがとうございました。
おかあさんがそう思ってくれていたかはわかりませんが、
そう思っていてくれたならすごくうれしいです(^_^)v
最後は本当にしあわせそうな顔でしたよ。
  • 2012/07/08 19:22
  • おばんです
  • URL
♪ jibou  さんへ

jibouさん、仔猫のうちの一匹は・・

時々思い出してあげること、とても大切だなと思いました。
私も今回、いろいろな猫のことを思い出して、
なんだか幸せな気持ちになれました(^_^)
仔猫たち、かわいいでしょう。お母さん似の美にゃんでしたよ♪
  • 2012/07/08 19:27
  • おばんです
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/07/09 06:29
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。