娘が母に似てくる時

おばんです







「 花の命は短くて、そして私はおばんになった 」  第2弾

7/27の記事で、私がおばんになったと感じたのは、

“ 知らぬ間に贅肉がついていた時 ” と書いた。

少々個人的な話になってしまうが、今日はその第2弾です。




⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘



私は小さい頃、顔が四角かったせいか父に似ているとよく言われた。

20歳を過ぎてから母に似ているとたまに言われたが、そこは女同志。

母に似ていると言われるより、父に似ていると言われるほうがなぜかうれしかった。




  花屋2イメージ







母は10年前に亡くなったが、亡くなってから5年ほど経ったある日、

私は自分の写真を見て愕然とした。




そこには、母そっくりな自分がいたからである (^_^;)



  花屋イメージ2しろくろ縮小







ガビ〜〜ン   
  なんだ、私もただの「おばん」じゃないか 



母と雰囲気が似た自分の写真を見たとき、

私は自分が完全におばんになったことを悟ったのであ〜る 




くにこ縮小最終
母、70歳の時。保健師の資格を持っていたので、
病気になる直前までずっと働いていた









娘はおかんに似てきた時、
自分もおばんになったと自覚する (-_-)






【 本日のオマケ 】

実家に帰った時、母からもらった「おこめ券」の封筒。



私はずっと収入の安定しない仕事をしていたため、
母は私がちゃんと食べているか、いつも心配していた 
亡くなる直前まで「お母さんがいなくなったらどうするの ? 
大丈夫なの ?」と言っていたが、
きっと今もどこかで心配しているかもしれないな (^_^;)

母が亡くなってしばらくして、おじいの物忘れがはじまった。
母は現在のおじいを見て、何を思うだろうか
そしておじいは、母のことを覚えているだろうか






今日の結論
おばあがいたから、おばんがいる。


にほんブログ村のランキングに参加中です。
ふんばるおばんに、ぽちっと応援願います!

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
スポンサーサイト

Comment

お母様、とてもお綺麗な方ですね。
70歳でこのお姿・・・驚きの美しさです。
おばんですさんも、お母様ゆずりの美人さんなのですね。

私は父に瓜二つで、それがとてもイヤでした。
母に似ていたらイケメンだったろうにと思うくらい、
若い時の母は美人で自慢の母でした(ちょっぴりマザコン?
仕事中に書いたでしょう?
似てくるよね〜ぇ!
自分も父は勿論・・・祖父や、叔父に似てきたと思う時あります。
しかも性格まで・・・(汗)

でも、若い頃の自分より今の自分の方が好きなのはなんでだろ〜ぅ?

素敵なおかあ様だったですね! では、
母似です
大人になった時、まず声が似てきますね。
知り合いの家に電話すると、母親と娘の声が似ていてよく間違えます。
娘に間違えられた母親は大喜びだけど、その反対はムッとされます(笑)

顔が似てきたあとは体型まで似てくるもので、その点、おばんさんは
お母様がスマートで安心ですね。

親はいつまでも子供のことが心配なものです。私も母のことを思い出します。
♪ NYANKO君 さんへ

NYANKO君さん、マザコン大いに結構です♪

お母さま、美人だったんですね。きなこちゃんみたいに・・・
やっぱり男性も父親に似てくるのでしょうか。
うちの母はお洒落好きでしたが、目が小さくて決して美人ではありませんでした。
だから似てるといわれるとイヤだったんですよ。でも最近、声も似てきたような・・(^_^;)

  • 2012/08/01 14:28
  • おばんです
  • URL
♪ YOUのつぶやき さんへ

YOUのつぶやきさん、やっぱり男の人も似てくるようですね。

性格まで・・・そういえば・・似てるところ、ありますね。
父はまじめを絵にかいたようでしたが、母はユーモアがありましたからね(^_^)
お父様に似てきた今のほうが好きなんて、お父様、どこかで喜んでいますよ。
性格も似てくるなんて、やっぱりDNA、おそるべしですね〜(^_^;)

  • 2012/08/01 14:34
  • おばんです
  • URL
♪ トリテン さんへ

トリテンさん、声がそっくりな親子って多いですね。

顔、声、体型ですか〜。私も最近、声も似てきたような気する・・(^_^;)
体型・・母の「へ」の字のおへそを思い出してしまった〜。
親にとっては子供はいつまでも子供なんですね。
おじいもよく、私のこと心配してますよ。私はおじいの物忘れが心配ですが・・。
  • 2012/08/01 14:40
  • おばんです
  • URL
おばんさんのお母さんカッコいいなぁー♡
70歳には見えない・・・
でも「おばんさん」像は見えてきましたよ
きっとお母さんのように「何でも話してみたくなる」
オーラを放つ素敵な人なんじゃないかなー

おこめ券の母心・・・わかります
子供が何歳になろうが、心配な我が子・・・
たとえ収入が逆転しても、おこめ券!
そして生身の体が無くなっても、おこめ券!

きっとおばんさんの家のポストには
「見えないおこめ券」がぎゅうぎゅうに詰まってると思います

  • 2012/08/01 17:34
  • ガマッチョG
  • URL
実感します
うちの偉い人は毎年もっと偉い人(義母)に似てきてます。お顔も体型も性格も。
あんなにきつかった義母が最近認知が入って私にとてもゆるくなってきて喜んでいたのに、うちの偉い人は急激に義母の一番きつかった時代を獲得しつつあります。
自分勝手、強情、我がまま、正当に反論すると「私は出てゆく」と泣き喚く。勝てない、絶対。
  • 2012/08/01 17:56
  • 黒姫三四郎
  • URL
きれいでおしゃれなお母様ですねぇっ。
こんなお母様なら、わたしも似たいほどです。
わたしなんか・・・
「じいちゃんにそっくりになってきた」なんて言われますよ。
じいちゃんのことは大好きでしたが、どう贔屓目に
見ても、「THE ブ男」なんですよ・・(涙目

お母様の世代で、職業を持ち生涯現役を貫いたお母様、
なかなかできることではないですよね。尊敬です。
お母様素敵な方ですね(^^)
私も母似です。若いころは自覚なかったですが、
母の生まれ故郷に行くと「ああ、あそこの子ね」と
見知らぬおばさんたちがみんなして話しかけてくるくらい、
名刺代わりになるくらい似てたようです。
でも、若いころはやっぱり「母に似てる」と言われるのはあまり好きではなかったです。
なんででしょう。自分は女としてまだまだイケてるとか思ってたんでしょうかね(^^;)

でもやはり最近は自覚症状出てきましたね。
鏡に映る顔が「そのまんま母」です。
特に疲れてるときは顕著に似てます!?
疲れてると「おばん度」駄々上がりですね(T▽T)
お母さんのお顔が朗らかそうで明るい方のように思われます。
そんなところもおばんですさんが受け継いでいるのではないでしょうか。
「おこめ券」にお母さんの愛情を感じて涙が出ました。
その封筒を大切に保管しているおばんですさんも、何だかステキです。
おばんですさんはお父さんのことを大切にされているし、お母さんはきっと安心していますよ(*^_^*)
私は誰に聞いても父似と言われるのですが、私は母似が良かったです。(どちらかと言えば母の顔の方が見た目が良いので(笑))
ただやっぱり声は似ているようで電話に私が出ると、普通に話し始める母の友人が数人…声でも年齢はある程度わかるはずなのに。って事は母の声は若くもないので私の声が母と同じ年齢の声に聞こえるのかしら(^_^;)

私も母に似てくることがあるのでしょうか。。。
動物が好きなところは似てるかな♪
♪ ガマッチョG さんへ

ガマッチョGさん、ポストに見えないお米券・・・

コメントを読んでうれしくなりました。
そうか、だから貧乏でも食べるのだけは困らないのかな、って。
すごく心配かけてたから、本当にポストにおこめ券が入っているかも。
この写真出すのずーっと迷っていましたが、出しちゃった・・
仕事が好きで、ずーっと働き続けた人でした(^_^)
  • 2012/08/02 00:29
  • おばんです
  • URL
♪ 黒姫三四郎 さんへ

黒姫三四郎さん、うちの偉い人=奥様が、義理のお母さんに似てきたんですね(^^)/

コメントを読んで吹き出した私です。
だって、うちの偉い人がもっと偉い人になる過程を、
愛情たっぷりに表現されているんですもん。おかしくて、おかしくて♪
女性は誰でも、奥様と同じように年を取るほど強くなるものです。
・・・残念ながら、黒姫三四郎さん、勝てねはずはありません(^o^)
  • 2012/08/02 00:35
  • おばんです
  • URL
♪ ahoo さんへ

ahooさんはじいちゃん似なんですか〜??

またまた〜。私の中のahoo さんは、浅田美代子ですから(^o^)
母のことは出そうか、出すまいか、ずーっと前から考えていました。
でもネタがなくて・・結局出しちゃった(^_^;) 
仕事はずーっと続けてました。でもその分、私たち子供は寂しい思いをしてたなぁ。
それでも辞めなかった。本当に「働くこと」だけが趣味の、芯の強い人でしたよ。
  • 2012/08/02 00:45
  • おばんです
  • URL
♪ nikolala  さんへ

nikolala さん、私も疲れているとおばん度ぐーんとアップです。

nikolala さんはお母さまにそっくりなんですね。
でもどうして若い時は、似てると言われるのがイヤだったのかな。
やっぱり、「私はまだおばんじゃないわよ」っていう気持ちだったのかなぁ。
それとも「おかあさんより、いい女よ」とか・・(^o^)
でも、似てきたものは仕方ないですね。DNAの威力を感じる今日この頃です。


  • 2012/08/02 00:52
  • おばんです
  • URL
♪ ミント さんへ

ミントさん、お米の心配されるほど情けない娘なんですよ(^_^;)

母はおおらかで明るかったですよ。父はクソ真面目。
やっぱり性格も母に似てるなぁと、最近思います。
お米券はもらってすぐに使いましたが、やっぱり封筒は捨てられないですね〜。
何も形見はなかったけど、この封筒が形見みたいなものですね(^_^)
母が生きていたら、物忘れのひどい父をどうしたかなぁ・・
  • 2012/08/02 00:57
  • おばんです
  • URL
♪ Moko さんへ

Mokoさん、動物好きなところはお母さんの影響が大きいのでは?

そうそう。私も年を取ってから声が低くなって、母に似てきたような気が・・
Mokoさんは声が似てきたようですが、
きっともう少ししたら外見も少しずつ似てくるんじゃないかなぁ♪
うちは顔のパーツというより、雰囲気がなんか似てきた・・
母親の血が確かに流れているんだなぁ・・と妙なところで納得しましたよ。
  • 2012/08/02 01:05
  • おばんです
  • URL
なるほど、素晴らしいお母様だったんですね。
私の母は最近は寝転がって韓国ドラマばかり見てるんですがそれでも息子へ対する愛情をいつも忘れてないなとかげながら尊敬しています^^
あ、でも家庭で話す事が多いのは実はお父さんです(笑)
あ、ちなみに私は顔はおかん似とよく言われますw
♪ かの さんへ

かのさん、おはようございます。

男の子が話すのは、やっぱりおとうさんなんですね。
息子は母親に似る、とよく言いますが、かのさんのところもそうなんですね。
・・・じゃあ、おかあさん、美人さんじゃないですか。かのさんもいい顔してたから〜〜(*^_^*) 
美人のおかあさん、いつまでも大切にしてあげてくださいね。
  • 2012/08/02 06:12
  • おばんです
  • URL
母の心配は死ぬまで尽きない
母とはそういう者ですね。
いつまでも心配のタネは子供です。
自分が弱ろうと、自分が寝た切りでも
いつでも心配なのは娘の健康と娘の食生活。
イイお母様ですね。お米は日本人の主食ですから
その心配をするのは当然ですね。でも普通なら
もう大人相手に・・・と思います。
でも母から見たら子供のままですね。

ウチも心配して時々食材等を宅配してくれます。
でもダンボールを開けると・・・
半分は青汁・・・・止めて欲しい・・・飲まないから
嫌い・・・って言ってるのに入れるから・・・
たくさん入ってるから・・・イヤガラセか?と最近思います。
  • 2012/08/02 09:03
  • Sabimama
  • URL
  • Edit
♪ Sabimama さんへ

Sabimama さん、おばんになっても子供は子供。

↑ 今日の結論みたいだね(*^_^*)
Sabimama さんはお母さま、ご健在ですものね〜。
青汁・・自分のことより娘の体を心配してるのね。泣けるわ・・
この際、飲まなきゃだめですよ。母の愛と思って。
自分が死にそうでも、娘の心配してましたよ・・情けない娘なもんで(-_-)
  • 2012/08/02 10:47
  • おばんです
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。