へなちょこおばん

おばんです







ある晴れた日、富士山 に行ってきました。

同行してくれた妹夫婦は、この夏、登頂に成功

その後も五合目からの ハイキングコース に何度も行っています。




富士山縮小1







日頃から常々「行きたい」と言っていた私のために妹たちが選んでくれたのは、

その昔、富士山が噴火したときにできたという「宝永山」を巡るコース



     富士山縮小2







五合目から六合目まで30分、六合目から宝永山の火口まで20分、

そこから火口の中を歩いて 60分 で宝永山頂へ。

行って帰るとおよそ 3時間 のハイキングコースです。



     富士山縮小3






この日は天気がよく、絶好のハイキング日和

このコースは3度目という妹夫婦も、こんなに晴れたことはないと驚くほどでした (^^)/



     富士山縮小4






気軽に上れるコースとはいえ、富士山をあなどってはいけませんよ (-_-)



標高2500メートル。



妹たちが前回きた時は、急に天気が悪くなり、途中で引き返したそうですから・・




        富士山縮小5







ストックを手に、こんな岩場を一歩ずつ。

空気がうすいため、ゆっくり、ゆっくり上っていきます。





     富士山縮小6







五合目から50分。

   さあ、宝永山ハイキングコースの出発点、
       「宝永第一火口緑」に到着しましたよ



左手の凹んだところが火口、そこに見える Y字の道

約60分 歩くと目指す宝永山に到着します。




 富士山縮小7


           富士山縮小8





火口に向けて、足取りも軽く、妹夫婦が出発しました 




行ってらっしゃ〜〜い 



              アレレ・・・行ってらっしゃい








恥ずかしながら、おばんはここで挫折して、

  な、な、なんと、一人で五合目に戻るという

    苦渋の選択をしたのでございます・・トホホ (^_^;)








        富士山縮小9








五合目からわずか30分で息は絶え絶え、オマケに後頭部が重くなり・・


これ以上、歩いたら命が危ない





笑い話 のようですが、本気で 命の危機 を感じたおばんは、

妹たちを見送ったあと、一人寂しく 今来た道を引き返しました




        富士山縮小10






膝はガクガク、心臓バクバク、喉はカラカラ (^_^;)

妹に「滑落しないでよ」と言われたので、一歩ずつ、慎重に・・・



        富士山縮小11






あーーー、ようやく見えてきました (>_<)

     
さっき出発したばかりの六合目の休憩所が・・・



        富士山縮小12






というわけで、

残念ながらハイキングのメインの宝永山山頂の写真はありません (^_^;)

スタートラインに行っただけなのに、

富士山頂まで行ったくらい疲れ切ったおばんです





人生、時には
  引き返すことも必要だ (^_^)v






       途中までフツーのハイキング記事だったのに、大ドンデン返しですみません (-_-)
       妹たちには「 へなちょこ〜〜 」と大笑いされましたが、
       本当に死ぬかと思ったの〜〜(>_<)
       「一生に一度は富士山に登りたい」と思っていた私ですが、今回の件で、無理と判断。
       富士山は見て楽しむだけにしておきます・・ハイ (^_^;)

       今日の記事はハイキングコース紹介には至らず、顔から火が出るほど恥ずかしいので、
       残念ながらコメント欄は閉じさせていただきます。
       ここ数日、皆さんのブログへの訪問が遅れているので、今日はゆっくり、
       訪問させていただきますね 




今日の結論
おばんの足腰はおばあ。


にほんブログ村のランキングに参加中です。
ふんばるおばんに、ぽちっと応援願います!


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
スポンサーサイト

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。