2012年夏 「序章」

おばんです




2014年、夏。  


股を広げて爆睡するはなこさん。


   dViHb35rhSmxHTk1407668461_1407668487.jpg





夏が来る度に思い出すことがあります。

2年前の夏、はなこさんは一人ぼっちで公園に住んでいました。



私が初めて公園にいるはなこさんを見かけたのは、2012年の8月8日。

首輪が前足にひっかかり、ひょこひょこと足をひきずりながら

人目を避けるように公園にいたガリガリの猫。

それがはなこさんでした。



     wTVrrCht1_Hwizh1407668674.jpg





その頃、「首輪猫」と呼んでいたはなこさんは、

昼間は公園の管理事務所の裏手の草むらを寝ぐらにしていたようで、

夜になって公園に人がいなくなると、前足をひきずりながらひょこひょこと出てきて、

一心不乱に何かを食べていました。


   セミ首輪縮小






何日も観察していて、「首輪猫」が何を食べているのか、ようやくわかりました。

それは、地面から這い出して木に登ろうとしていたセミの幼虫でした。



私は今でも、うるさいほどセミが鳴く公園で、

たった一匹でひっそりと生きていたはなこさんの姿が忘れられません。


昨年の夏は、まだ脇の下の傷が癒えたばかりでじっくりと振り返る余裕がありませんでしたが、

これから何回かに分けて、はなこさんを保護するまでのことを書いてみようと思います。



     x5J5WsS1J5nFx1F1407669339_1407669350.jpg







先日、ベランダで命を終えていたセミと久しぶりに対面したはなこさん。

   dFUJYlcMVhbASRR1407668795_1407668807.jpg



あの時と同じように食べてしまうのかとヒヤヒヤしましたが、

   fDZrR6X2MxymgXo1407668819_1407668826.jpg



一瞬匂いをかいだだけで、あとはまったく興味を示しませんでした。 ホッ・・

   q2odlrQJ3bf16lt1407669720_1407669729.jpg




一人ぼっちで公園にいたこと、いつもお腹をすかせていたこと、セミを食べていたこと。
はなこさんはあの時のことを覚えているのでしょうか。


あの頃、
キミは細かった(*^^)v




はなこさんのヒストリーは、毎回とはいきませんがちょこちょこと綴っていく予定です。
すでにご存じの方も多いと思いますが、少しだけおつきあいくださいね。



〈オマケ〉
トリテンさん、我が家の「宇宙朝顔」の第一号が咲きましたよ。
ほんのりピンクがかったとてもきれいな花ですよ。


R3CJT4fFiSBTUIN1407603379_1407603391.jpg


今日の結論
人に歴史あり、猫にも歴史あり。


にほんブログ村のランキングに参加中です。
ふんばるおばんに、ぽちっと応援願います!


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
スポンサーサイト

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。