2012年夏 「最終章」

おばんです




これが、首輪猫の脇の下に深くくいこんでいた首輪です。


この首輪がひっかかっていたせいで、地面に手がつけず、

ひょこひょこと飛ぶようにしか歩くことができませんでした。

この憎い首輪をどれほど取ってあげたかったか・・・・



    ZktTA2vKNTP3VTP1407946131_1407946140.jpg

    wTVrrCht1_Hwizh1407668674.jpg





その思いが叶う日が、ようやくやってきました。

忘れもしない2012年 8月24日。 

前日の夜10時にトラップを仕掛け、24日の早朝5時に見に行くと・・・・



    ZVKZfJX1h7l24nW1407945242_1407945250.jpg





いたいた、いました!!

首輪猫がかかっていましたよ(*^^)v



中に入れたまたたびの粉と、竹輪とカニカマと猫缶に、見事にひっかかってくれました。



    n6mcjaeUoV7vMZ71407945314_1407945320.jpg




いつも見かけるのは、真っ暗闇の中での数分間だけ。

この時まで、どんな顔をしているのか、どんな模様なのかもわかりませんでした。



初めて見る、首輪猫の顔。

ガリガリに痩せている割に目が大きくてキラキラしていて、思ったより元気そうでした。 

模様はぴょんさんと同じ白黒の七三分け(^^♪


ほら、この顔、確かにはなこさんでしょ


    dSPiZvAc2qR6XRX1407945369_1407945375.jpg




ようやく近くで見ることができた首輪猫の顔。 その顔を何度も見ながら、

「もう大丈夫だよ。首輪ももうすぐ取れるよ。つかまってよかったね」と声をかけました。 

返事は「ウーシャー」でしたけどね



rFwunM5Ej5J3qgZ1407946050_1407946060.jpg f_A0RpL6fnL_uKV1407947849_1407948104.jpg




20120年夏。おばんの長い長い夏もこうして終わりを迎えました。
トラップなかかった首輪猫を見た時のうれしかったこと
実は首輪猫さん、保護活動中、エサをあげようとして近づいても、
私のことは見向きもしなかったんですよ。
痛さとひもじさに、人間さえも信じられなくなっていたんでしょうね。

トラップの枠ごしではありましたが、首輪猫が私を初めてじっと見つめてくれました。
この時、首輪猫さんはかつて人間に可愛がられていた時のことを
少しだけ思い出していたのかもしれないな。


信じる猫は救われる(*^^)v




この時はまだ、オスかメスかわかりませんでした。

そして何よりも、 こ~んなことになるとは想像もしていませんでした


  Nm9_jQoU0NoBjhr1407976371_1407976385.jpg
  8月30日、避妊手術と脇の下の傷の縫合手術を終え、
  初めて家に来た日のはなこさん。


              

  VgnQKGbiI9Wb0Er1407976486.jpg
  保護から半年、2013年2月のはなこさん。



次回は、家に初めてきた時のはなこさんの様子をご紹介しますが、
「2012年夏」のシリーズは、これで最終回とさせていただき通常の記事に戻ります。
ご存じの方も多い中、備忘録のような記事に長々とおつきあいいただき、
ありがとうございました(^^)

今でこそ笑って話せるはなこさんのことですが、
人間を信用できなくなっていたほど心の傷は深く、
心配していた脇の下の傷も思った以上に深く、保護から8か月もの間、
傷がふさがらずに、何度も手術を繰り返しました。

はなこさんの傷の写真は「Read More」に再掲載しますが、苦手な方は見ないでくださいね。



今日の結論
つかまったのが運のツキ。


にほんブログ村のランキングに参加中です。
ふんばるおばんに、ぽちっと応援願います!


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

はなこさんに脇の下には、こんなに大きな傷がありました。
首輪がくいこんだ脇の下の傷は、場所が悪かったこともあり、
何度縫合してもぱっくりと開いてしまい、やっと抜糸できたのは
保護から8カ月後の2013年4月16日でした。


抜糸前傷


当時の記事にも書きましたが、赤い首輪からは強烈なウミの匂いがして、
ビニール袋に密封しても、その匂いが漂ってくるほどでした。
何回もの手術に耐え、ようやくカラーもTシャツも取れたのは保護から10カ月後。
今でも時々、「よく頑張ったね」となでなでしてあげるんですよ(^^)

首輪が足にひっかかってしまった猫の話は、時々耳にします。
皆さんも首輪をする時は、力がかかるとはずれる首輪をつけてあげてくださいね。
スポンサーサイト

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。