「バチがあたる」

おばんです



小さい頃、悪いことをすると

昭和一ケタ生まれの母に「バチがあたるよ」と言われた。

当時は「バチ」の意味もわからなかったけれど、

悪いことをすると、それを誰かがどこかでちゃんと見ていて、

何かよくないことが起きるのかな、と幼心に思ったものである。



    v7Kk4F93dZrVQCv1415120013_1415120020.jpg




そんな母の言葉が、心のどこかに残っているからだろうか。

おばんになった今も、ずるいことや悪いことをしようとすると

どこかで誰かが見ているような気がするのだ。



    rIkWJ63rdo00yaE1415120032_1415120038.jpg





悪いことといっても、些細なことである。

たとえば夜、自転車に乗っていてガムの包装紙をポイと投げ捨てたら

すっきりするだろうなと思うことがある。

たとえばゴミを捨てる時、分別せずに素知らぬ顔をして

燃えるゴミも燃えないゴミも一袋に全部まとめて捨てたら

ラクチンだろうなと思うこともある。



    fBww0dvkjI7m6Gq1415120098_1415120105.jpg





だけど私はそれをしない。たとえ誰も見ていなくても。

今の若いお母さんたちは「バチがあたる」という言葉を知らないのかもしれないな。

以前、高校生くらいの女の子が駅のベンチで缶ジュースを飲み、

ベンチの上に缶を置いたまま電車に乗ろうとしたので、

「忘れ物ですよ」と言って空き缶を指さしたことがある。



    iearBxYTMgNt1961415120211_1415120217.jpg





私は善人でも真面目でもないけれど、

自分の中に「良識」というもう一つの目があることを忘れたくないなと思う。



    p7SFagRcZyrjzn11415120298_1415120305.jpg




10月31日、栃木県の鬼怒川河川敷に、小型犬約40匹の死骸が投棄されていたそうです。
捨てた人は、何も感じなかったのでしょうか。
誰も見ていないから、捨ててもいいと思ったのでしょうか。
悪いことをしても「バチ」があたるとは思いません。
だけど、こういう人には必ず「バチ」があたると信じていますよ。

いのちは
ゴミじゃない。




一方で、昨日は千葉県の九十九里浜に現れた怪我をして衰弱したトドが
水族館の職員さんたちに保護されました。
トドは水族館で治療を受けて、様子を見るそうです。
よかったね、トドちゃん(^^)

今日の結論
壁に耳あり、心に目あり。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
ふんばるおばんに、ぽちっと応援願います!
 


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
スポンサーサイト

Comment

人の心って本当に不思議なものですよねえ…。
鈍感で何も感じない(感じられない)人も居れば他人の事だろう
と心を折って感じられる方・他人を思い遣れる方、いろいろ。

私が通った幼稚園はお寺の経営だったせいかお昼寝の前に
歌があり、内容はうろ覚えですが「神様は口では何にも言わないが
あなたのしたを事、知っている」というものでした。
三つ子の魂、百までも、は私が証拠として証明します!
この歌のお蔭で”自分が悪い事をした場合、人が知らなくても
私本人が知っている”という感じで悪い事できません。
元々、小心者ですがーーーっ。でも幼稚園のこの歌のお陰で
人様に迷惑をかける事を最小限に止められているような気がして
今でも感謝していますよ ♪

今回の犬の残骸の話はショックでした…。
犬の残骸放棄もそうですが犬達は生前に少しでも楽しい
人生を送れたのか、と考えてしまいました。
こんな事をする人間に同じ目に遭わすか、それ以上を!
と憤る私です。もうっーーー赦せんっ!
そこへ明るくなれる良い人たちのお話で〆てくれたおばんさん。
さっすが〆上手!(飲み会の〆も含めて)
ありがとうございましたーーー!
  • 2014/11/05 06:37
  • よー
  • URL
おはようございます

私もバチが当たると言われた世代です。
でも、久しく忘れてましたね、この言葉。
不信心もので申し訳ありません。
でも、小心者ですので、やっぱり悪いことはできませんねぇ。
注意もできませんけど。
「バチが当たる」これは良いテーマだと思いました。
今の若い親御さんは子供たちにこんな教育するのでしょうか?
私は「バチ」と言っても太鼓を叩くバチぐらいしか思い浮かばず、バチに叩かれると「イタタタ」(>m<)と思う程度です。
どこかで神様が見ていて、因果応報いつかバチが当たる。
悪い事をすると「えんま様」が帳面に付けていて、死んでから天国に行かれなくなる。
宗教的な意味合いなのでしょうね。これって仏教それとも儒教?
キリスト教の人たちにはわからない事なのかな?日本独特?
こういう事よく考えて調べてみると、いろんな事がわかってくるかも。

追記です。訂正から入れました。
数年前に善光寺へ行ったら、「バチが当たるなんて、非科学的な考えだ。バチなんてものは大体存在しないんだよ〜」
周囲の人たち(たぶん家族)にとうとうと説教(?)している男性がいました。大馬鹿者ですねぇ〜 (≧ω≦*)
私よりずいぶん年上の、60代と見られる人でした。
世も末ですねぇ(^_^;)
  • 2014/11/05 11:55
  • ロッド
  • URL
  • Edit
いい言葉ですよね(*^_^*)
おばんですさん

こんにちは♪♪
お弁当を持参し始めたので、お昼休みはのんびり出来ます(笑)
”ばちが当たる”良く両親から言われました 
あっはっは・・・どれだけばちあたりな事をしてきたのか 汗;
ご飯の米粒を残すとお百姓さんに申し訳ないとか・・・
作ってくれた人に感謝をしながらとか、バチもきっと見えない相手に対しての気持ちだと思います・・・
↑因果応報もえっつ??と思うところで有ったり・・・
先人からの教え?!
我が家でも”ばちが当たるよ!!”怖い母として娘たちに言っていますよ 笑
キリスト教でも似た教えは有りますよ(*^_^*)
伝えて行きたい事、伝えないと行けない事・・・
沢山有りすぎて・・・汗;
ワンちゃんたちの事・・・
酷過ぎて。。。
どんな気持ちで空に旅立ったのだろうかと思うと
胸が痛くなります。。。
  • 2014/11/05 12:41
  • maja
  • URL
  • Edit
こんにちは
わたしもあの記事を知って『バチ当りな事を…』って思いました。
こういう怒りって持って行き場がなくって、次女と二人だけなのを幸いに『○○○○××××××!』と叫びましたよ。
そしたら可哀想な次女は、お母さんの突然の怒りに叱られたと勘違いして、部屋の隅で小さくなってしまい、次女に平謝りです。
『ごめんね、ごめんね』って言いながら膝の上に抱っこして、頭を撫でてもう一度謝って。
もう、大人気ないですよね。

それでも、あの犬達が発見されて良かったと思います。
捨てた人に何かしらの形で、バチがあたりますように。
  • 2014/11/05 14:18
  • カミさん
  • URL
「このバチあたりめ!」
神社の境内で狛犬の背中に跨って、木の枝で鞭の様にパシパシ叩いていたら、ご近所のじっちゃまにそう言って叱られました。
狛犬は社の見張り番。だから、氏子や近所の子供が背中にのるくらいでは決して怒りはしない。
「こんなに重たく大きくなったな」と思って許して下さる。
だが、叩くのは罰当たりじゃ!
お前達は父さんの背中にオンブされている時に、父親の頭を叩くか?
叩かんじゃろ。それと同じだと覚えておきなさい。

かーさんが子供の頃に教えられた忘れられない言葉の一つです。

バチが当たると言う意味を教えられて来なかった人達は可哀想。
言葉の持つ深い意味にすら気付けずにいるのですから。
その世代が親になり、やっぱり次の代にも伝わらない。
こんな事が増えて来ましたね。
「知らない」のではなく「教えられなかった」んです。
善悪だけでは分けられない、曖昧とした「心地良く過ごす為」の知恵が失われつつあるのは悲しい事ですね。。。

「お蔭様で」。。。目には見えない何方かのご心配や優しいお気持ちは確かに届きましたよ。
「いただきます」。。。他の命を頂戴します。決して無駄には致しません。有難うございます。

一粒のお米にだって88の神様が宿ると思えた日本人の心がとても美しいと思います。
それを後世に伝えるのは、今を生きる少しだけ先を歩いたものの務めかもしれませんね。
有り難うございます。
大丈夫ですよ。ご心配有難うございます。
それよご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。
また、ご挨拶に伺いますね。
では、
コメント書こうとして”ばちがあたる”を変換したら
”罰が当たる”となってびっくりしました。
仏教用語かなにかで、「人間の悪事やおごりに対する神仏のこらしめ」だそうです。
実際神様からゴツンとやられることはないけれど
自分で自分を律するために思い出したい言葉ですね。

わんちゃんの悲しい話は知りませんでした。
命を粗末にした者は誰だって許せない!
抵抗もできないわんちゃんが哀れでなりません。

トドちゃんのニュースは見ましたよ。
大勢の人に捕まえられて怖くてパニックになってたけど
画面に”大丈夫だから!”と声かけたくなりました。
元気になってまた海に帰って長生きしてほしいな!

周りを大切にできない人は、きっと周りからも大切にされないと思います。
そういう殺伐とした人だけで関わって、殺伐とした人生とおくっていくのだと思います。
人間はそれでも構わないと思います。自業自得です。
でもあおりを食った子犬は可哀想でしかたありません。
何度でも何度でも生まれ変わり、優しい人間に出会って温かい思い出をいっぱい作ってほしいと思います。
  • 2014/11/05 15:45
  • NYANKO君
  • URL
  • Edit
命が軽んじられる時代?
ペットショップでは、さまざまな動物や昆虫、鳥などが売られていて、
大人になったり病弱だったりで、悲しい言い方だけど「商品価値」がなくなったら、
こんな悲惨な事件が起こるのでしょうね。
本当に命はゴミじゃありません。O(`ヘ´#)"O

「神さまのバチが当たる」と同じように、「お天道様が見てござる」とも言われました。
どこで何をしていても、誰も見ていないと思っても
天(神)が見ているし、もちろん良いことをして
見返りがなくても、ちゃんと天が見ていて下さるということです。

私もあまり神さまにすがるタイプではありませんが、
やはりお天道様が見ていると思うと、悪いことはできませんね。
「バチが当たる」とか「お天道様がみている」とか
昔はよく言われたし、言いましたよね。

それが電車などの車中で
「あのおじさんに怒られるから・・・」
みたいな事をお母さんなんかが現れて
人が見てなきゃ良いみたいな風潮になってきたのかな・・・


捨てられた沢山の犬達のニュース見ました。
パピーミルとかなのかわかりませんが
そんな事ができる人間が、生き物に携わることが許せないです。

トドは保護されて良かったですね。
また「かわいそうだね~」なんて言いながら
放置されちゃうのか!って思っていたので
本当に良かったです。

日本は先進国なのに、
動物や子供の事をないがしろにしがちだと思います。

でも最近はペットと一緒に避難訓練する
自治体も出てきましたよね。
日本中がそういう事が当たり前になってほしいです。
こんにちは。

私もバチが当たると言われた世代です。

モラルが欠落している人を見かけた際にも「バチが当たるよ!」と
いつも心の中でこの言葉をつぶやいています。
もちろん自分自身にも。

いつも「おばん」さんの言葉は、すーっと心に響きます。
これからも楽しく拝見させていただきます。
私はね「天知る、地知る、我知る、人知る」って言われたのを思い出したわ。誰かが見ているよ、たとえ他人が見ていなくても、自分自身が知っているよって、ことね。これも自分で恥ずかしいと思わないかい?ってことだよね。

いまはさ「ほら、そんなことして…あそこのおじさんが怖い顔して見てるよ!」「あのおばさんに怒られるからやめなさい」とくるんだよね。
善悪を自分で判断できないようじゃ困るんだけど、今の子は躾がされてないからね。

私も鬼怒川の事件を知って、「犯人は夜、寝られてるんだろうか…(-。-;」とそんな奴とも知らずに預けた飼い主、預けられたワンコたちが不憫で仕方なかったよ。
  • 2014/11/05 17:45
  • まめはなのクー
  • URL
何かね、上手に言えないけど・・・罰って特定の神様、宗教的な何かじゃなくて・・・例えばお天道様だったり、お月さま?鬼さん?・・・キリストさまとか、仏さま、神様、龍・・・何でもいいんだけど・・・自然にあるものだったり、自分の心だったり・・・
おねえフラニーとゾーイだったか・・・サリンジャーでは太ってあんよに静脈瘤があって毛糸で何か編んでるおばあさんだったり・・・(* ̄m ̄)ウフッ 自分だけが世界にいるんじゃないよって言う想像力だったりしちゃうと思うのにゃあ。
ワンのお話、アタシとおねえもネットで見て悲しくなっちゃったよ・・・
想像力が無い人って心が貧しいような気がするよ。心が貧しければいくら物やお金なんかを集めても、心のさびしさは埋まらない・・・いつか気がつきますように。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/11/05 22:38
そういえばその言葉をあまり聞かなくなりましたね、
子供の頃はよく言われたものですが・・・。
自分勝手な行動は
「みっともない」とか「恥ずかしい」と教わりましたが、
最近は世代を問わずそういう概念が希薄になった気がします。

こういうことを思うのも
歳をとった証拠でしょうか(´-ω-`;)

  • 2014/11/05 23:04
  • くるみもち
  • URL
鬼怒川の話、ひどいですね。
どうしてこんなことができるんでしょうか。
ヒトとしての常識とか、良識とか、みんなどこに置いて来てしまったのでしょうか。

私は子供に「行儀が悪い」「ばちが当たる」はよく言ってますね。
どちらも大人になった時に恥ずかしくない人間になるためのこととして。
そのためにはまず自分が恥ずかしくない人間になっていないと・・・と思うのですが、いやはや、これはなかなか難しいんですけどね。とりあえず信号は絶対守ってます(^^ゞ
天にはいた唾は己に帰ってくる。
私も、「罰が当たる」、「粗末にすると勿体ないお化けが出る」そんな風に、育てられたお年頃です。
だから今も、「ちょっとぐらい、いっか~」って、ズルしようとして、
「おっと、そうだそうだ^^;;」って、思いなおす事多々。
最近では、どうせ出来が良くない閻魔帳に、これ以上の汚点を残さないようにしなきゃ^^;って、思いなおしたりしています。

鬼怒川のお話、知らなかった!!
犯人には、因果応報、お前も野垂れ死にするぞ!
♪ よー さんへ

母の言葉がどこかに残っているように、
よーさんもその歌が心のどこかに残っているんですね。
三つ子の魂、はずっと残りますよね。
ご飯を残しちゃいけないとも言われてきたので、
量が多くてもついつい完食するし。
教育という大げさなものではないかもしれないけど、
そういう教えって大切だなと今になってつくづく思います。

人に「バチがあたれ」というのはよくないかもしれないけど、
こういう人たちにはそう言ってやりたい。
おそらく犬はペットショップの売れ残りのわんちゃんたちか、
繁殖用のわんちゃんでしょう。
同じ人間として、犬たちにごめんねと言ってあげたい。
次に生まれた時は、楽しく過ごせますように。


  • 2014/11/06 09:46
  • おばんです
  • URL
♪ shah-san  さんへ

私もこの言葉は久しぶりに思い出しました。
で、不信心だから神さまが見ているとは思わないのですが、
何かに見られているのではという漠然とした思いがあるんですよね。
ウソをつくと閻魔様に・・とも言われましたが、
小さなウソはしょっちゅうついてるし。
「熱が出たので学校休みます」とか(^^)

小心者なのでずるいこともできません。
もう少しずるくなれば、幸せなのかもと思いますが、
そのくらいの方がいいみたいですよ。
  • 2014/11/06 09:57
  • おばんです
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/11/06 10:04
♪ ロッド さんへ

私は宗教に関して無知なので詳しいことはわかりませんが、
おそらく仏教からきた教えなんでしょうね。
どの宗教にもこれに似たものはあるのかもしれないですね。

確かにバチがあたるなんて非科学的な考えでしょうけど、
悪いことをするといつか自分に返ってくる。
そんな気はします。悪いことをしてのうのうと生きるのは
ちょっと合点がいきませんから(-_-;)
少し前にも、生きた猫を川に流す人が問題になりましたが、
いい人生が送れないと確信しています。
  • 2014/11/06 10:09
  • おばんです
  • URL
♪ maja さんへ

普段、こんな言葉を思い出すことはないけど、
心の奥の奥のどこかにその教えは確実に残っているのでしょうね。
悪いことはできないし、ご飯も残せないもの~
あの時代の親は、自分の背中を見せつつ、
そういう戒めの言葉で子供たちを教育してきたのかな。
今のママさんたちは、怖い動画?を見せて、
悪いことをすると怪獣がくるよ~と言っているそうです(^^)

majaさんのお嬢さんたちが一生懸命仕事をして、
素直に育っているのもお母さんの背中を見てきたからだと思いますよ。
本当にいい子たちですもの!!
  • 2014/11/06 10:22
  • おばんです
  • URL
♪ カミさん へ

次女ちゃんはとばっちりを受けちゃったけど、
ほんと、『○○○○××××××!』って叫びたくもなりますよね。
あの犬たちはおそらく繁殖犬か、ペットショップの売れ残りの
わんちゃんたちだと思いますが、中には本当にひどい扱いを
受けている犬たちがたくさんいます。
家族にかわいがられることも、お腹いっぱいエサを食べることも
きっとできなかったでしょう。
人の不幸を願うのはよくないことかもしれませんが、
私も捨てた人にはバチがあたるように願います。
いのちを何とも思わない人たちですからね。
  • 2014/11/06 10:28
  • おばんです
  • URL
こんにちは
体調どうですか?
風邪もなかなか治らなかったりしますからね
温かくしてゆっくり過ごして下さいね
娘も3連休の後 喉痛になり発熱
学校は5連休になってしまいました~

罰があたる
私もこの言葉使いますね
子供達にも小さい頃から言ってたような気がします
「罰あたっちゃうよ?神様がちゃんと見てるんだからね」って
誰かが見てるから・・・
誰も見て無くても善悪の区別が付くであろう大人が・・・
ほんと悲しい出来事です
  • 2014/11/06 13:42
  • nami
  • URL
こんにちは
お加減いかがですか?
無理せず過ごされてくださいね
今時期の風邪は治りにくいらしいですよ
気温が上がったり下がったりなのでね~^^;

バチがあたる
昔の人は上手い言葉をいいますよね

わたしは「因果応報」だと思っています
自分がしたことは自分にも返ってくる
それぐらいの覚悟を持つことが必要なのかもと思います

モラルとか良識とか
ホント哀しいほど減ってしまったのでしょうね
シンプルに生きたいけど
世の中は混沌の中にあるですね^^;

また冷えていくようですよ
温かくして滋養のあるもの食べて休んでくださいね^^
♪ 八朔かーさん へ

狛犬をビシバシ叩くかーさん、想像できるわぁ(^^)
ご近所のじっちゃま、よくぞ叱ってくれました!!
今はなかなか人様の子供を本気で叱る人、いないですよね。
私たちの時代は親や先生や近所の人に叱られながら、
いろいろ学んできたような気がします。

バチがあたるという言葉は、久しぶりに思い出しましたが、
宗教的な意味は別としてとても奥深いですよね。
自分自身を戒める。「バチがあたる」と言われながら、
そんな考えが知らず知らずのうちに育まれたのでしょうね。

バチがあたるは、すでに死語かもしれませんね。
私たちの世代の心の中には、昭和一ケタくらいの親世代の
教えがちゃんと息づいている。幸せなことですね♪
  • 2014/11/06 16:51
  • おばんです
  • URL
♪ YOUのつぶやき さんへ

YOUさん、こちらのことは気にしないでくださいね。
すべてがうまくいくように願っています。
  • 2014/11/06 16:54
  • おばんです
  • URL
♪ NEccoSun  さんへ

私も記事を書く前に、googleで検索しましたよ。笑
仏教からきた教えみたいですね。
言葉自体は思い出すことはないけれど、
自分自身への戒めとして心の奥底に生きている・・
母が亡くなって10年経ちましたが、
目に見えないものを心に残してくれたこと、ありがたいですね(^^)

あのトドちゃん、かなり衰弱しているようで心配です。
鴨川シーワールドの方たち、あの巨大なトドを
保護するのは大変だったと思いますが
スピーディな対応をしてくださって本当によかったですね。
かたや命を命とも思わない人たちもいる。
どうなっているんでしょうね(-_-;)
  • 2014/11/06 17:26
  • おばんです
  • URL
♪ NYANKO君  さんへ

以前、埼玉の川越でも同様の事件がありましたが、
本当にやるせない気持ちです。
死んだ犬たちを見ても、何とも思わないのでしょうか。
ましてそれをゴミのように捨てるとは。
いい人生を送れるはず、ありませんよね。

あの犬たちは人間のぬくもりを知らずに旅立ったのでしょう。
ごめんねとしか、かける言葉が見つかりません。
  • 2014/11/06 17:40
  • おばんです
  • URL
♪ トリテン さんへ

命を商品にすること自体、おかしなことなんですよね。
これを書くと、いろいろ言いたくなるので自重しますけど(-_-;)

「バチがあたる」も「お天道様が」も
自分を戒めるための教えなんでしょうね。
私も神さまにすがるタイプではないので何ですが、
昔の子供たちはこういうことを言われながら、
自分を律する術を学んでいたような気がします。
今の子供たち、「悪いことをすると宇宙人に連れていかれちゃうよ」
とでも言われているのかもしれませんね(^^)
「バチがあたる」は、もう死語なのでしょうか。
そうだとしたら、もったいないなぁ。
  • 2014/11/06 17:47
  • おばんです
  • URL
♪ ぐりぴき さんへ

確かに「おのおじさんに怒られるから」というのは、
人が見ていなければ何をしてもいい風潮につながりますよね。
そうやって育った子供たちは「バチ」なんて言葉、
聞いたこともないんだろうなぁ(-_-;)

ペットと一緒に避難訓練?
それは知りませんでした。
そうやって家族として大切にされているペットがいる一方で、
不幸な犬猫たちも後をたたない。
同じ命なのに、関わる人間によってこうも違うんですから、
悲しいですね。
  • 2014/11/06 17:54
  • おばんです
  • URL
♪ F夫 さんへ

F夫さん、コメントありがとうございます(^^)
たま~にこういうまじめな記事も・・笑

モラルが欠落している人って、
きっと何を言っても心に響かないでしょうね。
ある意味かわいそうだなと思います。
とんでもない人には「バチがあたれ~」とも思いますが、
せめて自分の中の戒めの気持ちは持ち続けたいですね。

F夫さんは探鳥などもされていたり、
猫ちゃんに囲まれていたり・・
F夫さん、F妻さんご夫婦って素敵だなと常々思っています。
小さな命を愛する人に、悪い人はいませんからね♪
こちらこそ、これからもよろしくお願いします(^^)
  • 2014/11/06 18:09
  • おばんです
  • URL
♪ まめはなのクー さんへ

教育って大事だよね。
「天知る、地知る、我知る、人知る」と言われて育った人間と、
「あのおばさんに怒られるから」と言われて育った人間。
大人になった時に、その差が出るんだろうな。
小さい頃は「バチ」の意味なんてわからなかったけど、
今でもその教えがどこかで生きているから、
親には感謝したいと思うよ。
お互い、いい子に育ってよかったね(^^)/~~~

以前の川越の山に捨てられた犬たちは、葬儀業者だったけど
今度も同じなのかな。そうだとしたら、可愛いペットを
預けた飼い主さんがかわいそう。絶対つかまえてほしいよね。
  • 2014/11/06 18:16
  • おばんです
  • URL
♪ Gavi ちゃんへ

想像力!! おもしろい発想(^^)/~~~
だけどよく考えてみると本当に「バチがあたる」ワケじゃなくて、
その人なりの何か目に見えないものがあるんだよね。
そういうことに気付く人は、確かに自分だけが世界にいるんじゃなくて、
ひろ~い世界に小さな自分がいて、いろんなものに包まれて
生かされていることが想像できる人かもしれないね。
なんかむずかしいけど。

犬を捨てた人も自分のことしか考えていないから、
人の気持ちや犬の気持ちも想像できないんだろうなぁ(-_-;)
心だけは貧しくならないようにしなくちゃね。
  • 2014/11/06 21:30
  • おばんです
  • URL
♪ くるみもち さんへ

電車の中で化粧をして、10分の間に
すっぴんからカンペキなお化粧をした子がいました。
人前で化粧をしても恥ずかしいと思わないんでしょうね。
見ているほうが恥ずかしくなりますよ(-_-;)

確かにそんなことを言っていると、
若い子に「古いよ、おばさん」と言われそうですが、
何を言われようが「恥ずかしい」のハードルは
絶対下げませんよ~(^^)
  • 2014/11/06 21:42
  • おばんです
  • URL
♪ 一番目の鍵コメ さんへ

ありがとう♪

だいじょぶだよ~
  • 2014/11/06 21:44
  • おばんです
  • URL
♪ nikolala  さんへ

私、小さい頃は親に注意されると
うるさいなぁなんて思っていたけど、
今思うといろいろ言われたことがありがたかったなぁと思いますよ。
「バチがあたる」なんて言葉は久しく忘れていたけど、
心の奥底に残っていて悪いことができないもの(^^)
兄弟怪獣くんたちも、きっと大人になってそう思うはずだよ。
口を酸っぱくしてどんどん言ってあげてね♪

私なんて恥ずかしいことだらけだよ。
信号も時々守らないし・・バチあたる? 笑
  • 2014/11/06 21:51
  • おばんです
  • URL
♪ ほんなあほな。 さんへ

今回はテーマがテーマだったから偉そうなこと書いてるけど、
私も汚点だらけの人間なのよ。マジで。
だけど人の命とか、動物の命を命とも思わない人だけは許せない!
因果応報、野垂れ死にして当然だよね。
目には目を、歯には歯を。

年を取ったら、外食してもご飯を少し残すとか、
そのほうが体にいいんだって。
だけど私も「残したらお百姓さんに申し訳ない」と
いわれて育ったから、今でも完食しちゃうんですよ~
体にしみついたしつけって、おばんになっても消えないものですね。
  • 2014/11/06 22:03
  • おばんです
  • URL
♪ 二番目の鍵コメ さんへ

命は大切に。
ただそれだけのことなのに、
どうしてこういうことが起こるんでしょうね。

トドちゃんを助ける人たちもいるというのにね。
  • 2014/11/06 22:05
  • おばんです
  • URL
♪ nami さんへ

ありがとうございます(^^)
お嬢ちゃんも風邪ひいちゃったんですね。
いま、夜は寒かったりするから、風邪ひきの人多いですね。
私はよく寝て、よく食べているので大丈夫ですよ。
namiさんこそ、気をつけてくださいね。

誰が見てなくても悪いことができないのは、
自分自身の心の目があるからなのかな。
ほんと、分別のある大人が・・
心の目が育っていない人たち、悲しいですよね。
  • 2014/11/06 22:49
  • おばんです
  • URL
♪ あっさむ さんへ

あっさむさん、ありがとうございます♪
鬼のカクランで、めったに風邪はひかないのですが
さすがの私もダウンです(-_-;)
バチではないでしょうけど。笑

バチがあたるは死語になるかもしれないけれど、
「良識」とか「モラル」が死語になったら世も末ですよね。
今の子供たちにもそういう意識を持って、
次の世代にも何とかつなげてほしいのですが、どうなることやら。
猫だって悪いことをして叱ると、シュンとするんですけどね~
  • 2014/11/06 22:55
  • おばんです
  • URL
3つ先へ
55年前の記憶で、ネコは対等の感じで足に足を乗せて来ましたね。
餌よこせよとか、炬燵に入りたいんだよとか、彼らは人間と対等だと思ってますね、ゼッタイ。
  • 2014/11/09 17:33
  • 黒姫三四郎
  • URL
♪ 黒姫 三四郎 さんへ

いいえ、猫のほうがエライみたいですよ。
私はアゴでこき使われています(^^)

  • 2014/11/09 18:58
  • おばんです
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。