母との約束

おばんです




3月10日、74歳で母が亡くなって丸11年経った。


母が私にお米券を買ってくれたこと、

自分のお葬式に参列してくれる人たちに向けて、母が書いたメッセージのこと。

今まで何度か母のことを記事にしてきたけれど、

今日は平成15年12月3日に、母が私に書いた手紙のことを。



    MdvRff_ubkP25KD1395500051_1395500059.jpg
     亡くなる2年位前の母。




母は長年保健師の仕事を続け、亡くなる1年位前までずっと仕事をしていた。

健康管理に携わる仕事をしていたこともあり、

自分が癌になったことにショックを受け、一時は精神的に不安定になったこともあった。



当初は抗癌剤の治療をしたものの、すでに手遅れだと知った母は、

精神的に不安定になりながらも自分自身で癌の治療をしないことを決め、

痛みのない最期を迎えるためにホスピスに入ることを自分自身で決め、

手紙を書いた平成15年の12月にはすでにホスピスに入っていた。

痛みのある時はすでにモルヒネのような強い痛み止めを飲み、

意識が朦朧としていることもあったから、この手紙は比較的元気な時に書いたのだろう。

母は妹にも同じように手紙を書き残していた。



   NDhZAkQgrjcbubo1426493303_1426493360.png




いわば、この手紙は母の遺言である。

いろいろ書いてあるけれど、母が言いたかったことは3つ。




一つめは・・・

困った時は、お父さんに頼りなさい。


   7MJFWlBHazFrCND1426493391_1426493439.png





二つめは・・・

二人きりの姉妹だから、仲良くしなさい。


  YPHObvJYPrg39Ft1426493478_1426493494.jpg





三つめは・・・

松本のおばちゃん(母の妹)に甘えなさい。



   LRKNREd3nYPJuwb1426493518_1426493555.png



以上、三つが母の遺言。
おじいはボケたけど、私にとって心の支えになってくれているから安心してね。
妹も、相変わらずべったりな関係じゃないけど、一緒におじいの所に行って
仲良くしているから安心してね。
松本のおばちゃんも、もう80歳を過ぎたけど元気だよ。
松本にも時々遊びに行ってるから安心してね。

しっかりと家族をもち、しっかりと生きていた妹より、
バツイチでフラフラと生きている私のことをいつも心配していた母。
今頃、空の上でも心配しているだろうな(-_-;)


いつも心に
母がいる(*^^)v




今回、この手紙のことは初めて記事にしました。
母は私にいろいろなものを残してくれたなぁと本当にありがたく思っています。
時々書いてきた母の記事のいくつかを、「母のこと」のカテゴリにまとめました。
この母ありて、この娘あり。お時間がありましたら、
ちょっとのぞいてみてくださいね。母もきっと喜ぶと思います(^^)
今日はひとりごとみたいな家族の話なので、コメント欄は閉じさせていただきますね。

今日の結論
あなたの娘はすっかりおばん。


にほんブログ村のランキングに参加中です。
ふんばるおばんに、ぽちっと応援願います!


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
スポンサーサイト

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。